JA越後さんとう

 
JA越後さんとうの概要
信濃川の左岸地帯に広がる越後平野の一端で古来「瑞穂国」といわれる水田単作地帯です。
2001年2月、三島郡一円の3JAの合併により誕生した広域JAです。広域な地域条件の特性を生かした画一性に偏らない農業環境づくりをめざしています。
JA越後さんとうの目指すもの
JAの原点「オラが農協」を基本に、“体格を大きく代えることでなく、体質を変えること”を大きな目標としています。経営体質を強化し、地域に根ざしたJAとして、組合員や地域住民のニーズを充足し、地域農業の振興と地域社会の活性化に対応できるJAの創造をめざします。
合併のあゆみ
設立 平成13年2月1日新潟県三島郡内3JAが広域合併により新設
地区 長岡市(旧寺泊町・旧和島村・旧与板町・旧三島町・旧越路町・成沢町)及び三島郡出雲崎町
機構 本店(1室、4部、11課)、3中央支店、6支店
本店 新潟県長岡市大野249番地
水田面積

5,164ヘクタール
(平成29年1月31日現在)

組合員数 10,087人(正組合員5,961人 准組合員4,126人 平成29年1月31日現在)


組織機構図
平成28年4月11日現在

| (C) Copyright 2004 越後さんとう農業協同組合 All Rights Reserved. |